ホーム » 学術情報

カテゴリー別アーカイブ: 学術情報

広告

2017年の学術情報を振り返る

IMG00168-20131124-1149虚と実のはざまで,双方の淡いを見極める間もなく過ぎ去った2017年。年の瀬に絡めて,印象に残ったことを振り返ってみたいと思います。

「内容なき実学」こそ虚学

よく学術の(というより,学術を扱うジャーナリズムの)世界では「実学」「虚学」という分類がなされます。曰く商学・マーケティング・工学・医学などの「すぐ役に立つ」分野は実学であり,当面役に立たない分野は無用の学(虚学)だと。しかし,「すぐ役に立つ」ものは,得てして適用範囲や耐用時間が短く,すぐ役に立たなくなる傾向もあります。また言葉尻を捕らえるようですが,有用か無用かという区別ならそのまま呼べばよく,当該分野の「存在としての虚実」とは無縁です。目先の有用性を超えた学術の普遍性・汎用性を踏まえるならば,むしろ「内容なき実学」こそ虚学,と実感するところがあります。

他方これは,あくまで学問の側から対象に接近する場合の実感にすぎません。学問とは場を隔てた諸々の分野に目を向けるならば,「人は見た目が100%」など「内容より外形」という傾向はますます強まったと言わざるを得ません。

資源を活かし,社会実装?

社学連携をめぐる語彙にも目を開かされた一年でした。少し検索をかけるだけでも,詳細な政策研究の成果が見つかりますが,資源を掘り起こして身にまとい,どこに立ち向かう(踏み込む)のか?平場の感覚からは,何ともいかめしい趣です。これとて,有用性という社会設計的思想が背後に見て取れます。既に予備的な検討を行った先駆的な記事もあり,来年以後,これらの語をつぶさに深く考えていきたいと考えています。

知のオープン化は更に加速

オープンサイエンス・オープンイノベーションという語が,昨年にも増して飛び交った一年でした。これに関しては筑波大学でのシンポジウム(11月21日),および情報知識学会がNIIで催した情報知識学フォーラム(12月2日)などで体系的な議論が提供されました。本ブログでも一度考えてみたことがあります。その背景・目的・意義は,来年以降も継続し考えることを避け得ないテーマでしょう。

更なる思考のヒントに,文献紹介

中庭光彦(2017)「創発から社会課題を解決 事業構想で促す地域政策」『人間会議』2017年冬号,78-83ページ→全文記事リンク

日比野愛子(2017)「地域資源を興す ローカル・イノベーション」『人間会議』2017年冬号,136-141ページ→全文記事リンク

 

広告

英語モノグラフへの途

外出が心地よくなる初夏の三田で,若手歴史家たちの熱気を帯びた催しに参加しました。

若手歴史家ワークショップ:博論から英語モノグラフへ

日時:2016年5月22日(日)17:30-20:00
会場:慶應大学三田キャンパス大学院棟348教室(4階)

(さらに…)

学術情報:StoryDrive Asiaの新展開

 

クロスメディア版権取引の見本市 StoryDrive Asiaが11月にシンガポールで初開催予定との速報[→Publishing Perspective 誌オリジナル英語記事へのリンク]。

(さらに…)

ProQuest 社のUniversity Press Subscription 事業

世界最大手の電子書籍プロバイダであるProQuest社が大学出版部との連携をより緊密化させつつある。
同社は大学出版部のコンテンツのみで構成されたコレクション・University Press Subscription を企画(→リンク)。このコレクションには,オックスブリッジ・北米をはじめとする190超の大学出版部が参加している。

2015年11月にパシフィコ横浜で開かれた第17回図書館総合展でもフォーラムを開催。複数プラットフォームの名称統合,新サービスの説明などが行なわれ,その中でUP Subscription も簡単に紹介された。

沿革と背景については,北米でのUniversity Press Weekを前に公開された同社のブログ記事を参照のこと。

研究者のために必要な英語とは?

急な暑さから程よく揺り戻した5月の駒場にて学会に参加。関西で立ち上げられた「学術英語研究会」を前身として,いよいよ学会として本格的な活動が発足しました。

学術英語学会 創設大会 2015年5月23日(土曜)於・東大駒場キャンパス

http://www.j-ser.com/

(さらに…)

第18回東アジア出版人会議

2005年にスタートした民間交流の一つである「東アジア出版人会議」。筆者もしばしば聴講したその会議がこの春に本の街・神保町で開かれました。記録を兼ねて簡単にご紹介します。

2015年4月2日(木曜)・3日(金曜)於・一橋大学一橋講堂(学術総合センター内)

主催: 東アジア出版人会議[http://eapc.tokyo/] 協賛: 国立情報学研究所[http://www.nii.go.jp/]

(さらに…)

学術出版:年明けのニュースから

仕事方面のフォローがさっぱり追い付いていませんが,アメリカの学術出版協会 (SSP) ブログなどから耳寄りな記事を速報的に。

(さらに…)