ホーム » itaru.saito の投稿

作成者別アーカイブ: itaru.saito

広告

2018 Spring Tokyo Digital History Symposium 開催のお知らせ

atelier DH

これまで、「歴史研究者のためのPython勉強会」や「歴史研究者のためのTEI入門セミナー」などを開催してきた学際コミュニティTokyo Digital Historyが、2018年4月15日(日)の午後に表題のシンポジウムを開催します。

会場の定員が50名程度となりますので、後述する開催詳細から参加のご登録をお願いいたします。懇親会も予定しておりますので、みなさまぜひ奮ってご参加ください。

歴史研究者・アーキビスト・エンジニアの6カ月間におよぶグループワークの成果に基づき、歴史研究におけるDigital Humanitiesの可能性を探る画期的なシンポジウムをお届けします。

|ポスター

ぜひコチラのポスターを拡散用としてお使いください。

|開催主旨

高度に情報化された現代社会において、歴史研究にもデジタル化の波が押し寄せてくるようになりました。これまでの歴史学の蓄積と対話しながら、研究に関する様々なデータをどのように活用すれば良いのか、今やこうした問いに対する答えが求められている時代にあると言えるでしょう。

元の投稿を表示 さらに158語

広告

2017年の学術情報を振り返る

IMG00168-20131124-1149虚と実のはざまで,双方の淡いを見極める間もなく過ぎ去った2017年。年の瀬に絡めて,印象に残ったことを振り返ってみたいと思います。

(さらに…)

学習院OB合唱団のブルックナー

 

いま,被災地から展示

近藤嘉宏さんのyoutubeページ

ミュンヘンで研鑽を積まれ,1995年に国内デビュー後はばひろい活躍を続けられるピアニストの近藤嘉宏さん。このたび公式にyoutubeページを開設されたとのことで,ご紹介。
ベートーヴェンの後期ソナタを集めた録音では,曲の深さを表現しつつも機動性のある音の運びが印象的でした。

菅野潤さんを聴く

長くパリに拠点を置く日本出身ピアニストの東京公演へ伺いました。

(さらに…)

英語モノグラフへの途

外出が心地よくなる初夏の三田で,若手歴史家たちの熱気を帯びた催しに参加しました。

若手歴史家ワークショップ:博論から英語モノグラフへ

日時:2016年5月22日(日)17:30-20:00
会場:慶應大学三田キャンパス大学院棟348教室(4階)

(さらに…)