ホーム » アート » 万代島美術館のミュシャ展

万代島美術館のミュシャ展

F. Champenois Imprimeur-Éditeur, lithograph, 1897.

F. Champenois Imprimeur-Éditeur, lithograph, 1897. (Photo credit: Wikipedia)

_

県立近代美術館(長岡市)の分館として朱鷺メッセ内にオープン。banbiの愛称で育ち、もう開館10周年。

県立近代美術館(長岡市)の分館として朱鷺メッセ内にオープン。banbiの愛称で親しまれ、開館10周年。

帰省最終日。帰りの便を気にしつつ新潟市へ。モラヴィアの画家・イラストレーターであるアルフォンス・ミュシャ(Alphonse Mucha)の大規模展。

30代までは全く陽の目を見なかったものの、女優サラ・ベルナールの依頼で描いたポスター画が大ヒット、一躍パリで多数のオファーを受ける売れっ子作家に。しかしパリ万博・オーストリア帝国依頼の仕事を経て祖国の苦難に想いを致し、華やかな都会の生活を離れて故郷に戻り、チェコ・スロヴァキアの叙事詩制作に没頭します。

名声に溺れず、祖国の歴史化に尽くした晩年の転回に凄みを感じます。華やかな女性像の心を射る真っ直ぐな眼差しに、一貫した探求心とスラヴ民族としての誇りをみます。

◎万代島美術館ウェブサイト
http://banbi.pref.niigata.lg.jp/exhibition/mucha/

Related articles

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。