ホーム » アート » 新潟県長岡市のルーベンス展

新潟県長岡市のルーベンス展

開館20周年を迎えた新潟県長岡市の近代美術館。渋谷・北九州と巡回した最終地です

開館20周年を迎えた新潟県長岡市の近代美術館。渋谷・北九州と巡回した最終地です

帰省二日目。両親と運転を分担してルーベンス展を観に。すでに夏休みシーズンゆえか、昼間からけっこうな数の人で賑わっていました。

オランダ生まれのルーベンス(Peter Paul Rubens)は、イタリア修行を経て、自身の画法を訓練した助手たちを抱えて工房を立ち上げ、組織的な制作力で多くのクライアントに応えました。同じ点数とクオリティを他の画家がこなそうとしたら、腱鞘炎になったとか(笑)。
40代からは外交官としても活躍。語学力と素養で多くの要人と渡り合い、大国フランスやスペインとの国際交渉を動かしていたそうです。

ドラマティックな瞬間を捉えた画面構成、見上げるような大作ばかりが注目されますが「小さな絵や素描のモティーフがこんな風に積み重ねて(入れ込んで)あるんだ」と読み解いていくプロセスは面白かった。言葉で説明しすぎず画を入れたかわいい解説も good。

見応えあったものの、関越道を挟んで片道2時間弱のドライブは、なかなかタフなので、ほどほどにセーブ。会期はお盆前まで。

◎ルーベンス―栄光のアントワープと原点のイタリア
http://www.lalanet.gr.jp/kinbi/exhibition/2013/rubens.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。