ホーム » アート » Enhancing Creativity: Noism 1&2 in Theatre Ryutopia

Enhancing Creativity: Noism 1&2 in Theatre Ryutopia

While coming back to my hometown, I went to see a play “The Tales of Hoffmann” performed by Noism, a residential contemporary dance company based in Niigata.
The play was originated from an opera with the same name in 19th century written by Offenbach, and Mr Jo Kanamori, one of the world’s leading choreographers and chief of Noism, has transcripted into a dance play with a moody music by An Tôn Thất, a Vietnamese composer pianist.
I missed it on the 2nd day due to the delay in airplane and had no choice but to see it on the 3rd day. Personally I was lacking in inner energy for a couple of weeks, but was deeply impressed at their performance (almost cried!). This play has definately enhanced my creativity.
Mr Kanamori was interview by a web dance magazine Chacott. Readers can directly understand his concept on making modern dance more familiar in Japan, especially in local municipality like Niigata.

広告

1件のコメント

  1. […] 帰省三日目の夕方。スタバで一息いれて地方政治の原点たる県政記念館へ現代舞踊を観に。Noism1を3年前の夏に観て以来,二回目です。 台詞も筋書きもないのに、バレエの基礎に裏付けられた8人の運動が、さまざまな物語りを想わせます。個人的には「抗議、祝祭、孤独、再生」なんて流れを。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。